我が家のおせち事情。

我が家は三人家族ですが、比較的スープの冷めない距離に私の両親や親類が暮らしているため、お正月は賑やかなことが多いのです。

祖母が生きていた10年前までは、祖母と母と母の姉と私の4人でおせちを作ったりしていましたが、祖母が亡くなってからは、おせちはどんどん縮小される形になりました。

母親がやつ頭、黒豆、お煮しめ、レンコンなどの煮物を作ってくれていましたが、年末から旅行へ行く年などもあり、実家へ行けばおせちは一応あったものの、特別視をしない事が数年間続きました。

しかし、私が40代に入った頃からは、やはりおせちは年初めに戴くと縁起が良いということや、正月らしさを少しでも味わいたいという思いから、ここ数年間はまたおせちを必ず戴くようになりました。

しかし、祖母の様に全てを作れるわけではないので、私は紅白なます、伊達巻きたまご、紅白かまぼこだけ用意をして、あとは毎年デパートや人気店で注文をしています。

この数年間で一気に、今まではおせちを販売していなかったお店までが販売をする様になったので、毎年10月に入るとぼちぼちおせちの情報を集め出します。

11月には予約も受け付けるところが多いので、毎年11月中には今回はどこのおせちするかなどを決めます。
私1人で決めることありますが、両親が出資してくれる事も多いため、一応両親の食べたいおせちの意見も聞くようにしています。

おせちは、5千円程度のものから~何万円するものまでありますが、我が家はだいたい1万~1万5千円程度のものを注文しています。

足らないと感じたものは、年末最後の注文でコープにお願いしたり、31日のスーパーで購入をする事もあります。

今まで、どのおせちも外れた~という事はなく、お値段を出せば材料も量もそれなりのものが届く様に感じます。

我が家は、まだ食べ盛りの子供がいるので、質が良くて少量のものでいいと言う訳にはいかないので、出来るだけボリュームがあって、値段がお手ごろのものを選んでいます。

今年はどこにおせちを頼むか、決めるのが楽しみです。

最近では、インターネット通販でもおせちが買えるようになっています。
コチラを参考に・・・おせち2017
家にいていろいろと選べるし、母などにも見てもらって買うことができるので、今年はネットで決めるのもいいかもしれませんね。

あと、それぞれのお店で戦略があるのか、早期割引を利用したものもあり、早くにお客さんを獲得できるようにお店側の必死さも伝わってきます。
まあ、いち消費者としては、美味しくて安いものがあることが一番嬉しいです。